【WP】ワードプレスのインストール

ワードプレス


前回までに、サーバー選定、ドメインについて
開設を行ってきて、いよいよ、WPのインストールです。

 (WP=ワードプレス)

WPのインストールは、レンタルサーバー側で
簡単にインストールすることができますね。

でも、あまりオススメはしません。


例えば、同じサーバーに複数インストールする場合
ちょっと解り難かったりするんですよね。

何度か自分でインストールしていれば、
問題はないんですが、サーバーによっては
設定項目が省かれている場合もあります。

そうすると、
2つめのWPのインストールが大変です。


シングルとマルチ

通常のWPは、シングルとなります。

インストール時に、あることをすると
マルチサイトとしてインストールできます。



シングルとは通常のWPのことで、
1インストールで1ブログ、管理画面も1つです。



マルチサイトにすると、1インストールで
複数のブログを使用できるようになります。

各ブログ毎の管理画面と、 ネットワーク管理画面。


慣れない内は、何をどちらで設定すれば良いか
かなり迷ってしまうかもしれませんねぇ。

正直言って、MTと比べてかなりメンドクサイです。。

システム管理経験者には馴染みやすいのですが、
ネット管理などしたことのない一般人には、
返って複雑に見えてしまいます。。

(MTは標準でマルチですが理解しやすい)


以下、レンタルサーバーの簡単インストール機能などを
利用しない方法について説明しますね。



WPインストール準備

ワードプレスとインストールする前に、
いくつか準備しておく必要があります。


レンタルサーバーとドメインの準備はOKですね。

WP本体のソース

データベースなどの作成

WP認証用ユニークキー

テキストエディター


WPの本体はこちらからダウンロードします

⇒ 『WordPress 日本語ローカルサイト』


データベースの作成は、
レンタルサーバーのヘルプを参考に、
準備を進めていきましょう。

作成したデータベースに
データベースユーザを登録します。



ちなみに、データベースパスワードなどを
設定する際に気をつけたい事があります。

(ユーザ名やアカウント名なども)

「%」、「$」、「#」、「”」、「;」など、
半角記号は一切、用いないようにすること!!


基本的には問題ないんですが、これらの記号は
プログラムの命令文で使われているため、
誤作動を起こす可能性を秘めています。

これはWPに限らず、
サーバー上で動くプログラム全てに該当します。



WP認証用ユニークキーは、こちらから取得します

⇒ 『WP認証用ユニークキー』


テキストエディターは、「テラパッド」が無難ですね。

⇒ 『テラパッド』


WPのインストール

現在のWPでは、インストーラがあり
画面の指示に従うだけでインストールできます。

なので、迷うトコロって少ないんですが、
入力の仕方に戸惑うことはあるかも。


図解で説明している親切なサイトがあるので、
こちらを参考に進めると良いでしょう。

⇒ 『WordPressのインストール』


上記のサイトの他にも、
「WPインストール方法」などでググれば、
いくつもの解説サイトを見つけられます。


インストールが終わったら?

インストール自体は簡単に終わるのですが、
そのあとの設定などに多くの時間がかかります。

直面するのはプラグインとテンプレートです。

テンプレートと、プラグインの相性もあり、
すんなり設定を終えられないことが多々あります。



■アダルトサイトに使えるテンプレート

私のお気に入りは、こちらの無料テンプレートです
当然ですが、レスポンシブル対応です。


⇒ 『Mesocolumn(メゾカラム)』

実は、有料のテンプレートで探していたのですが、
規約でアウトだったり、イマイチなモノが多く、
画像で魅せられる、これに辿り着きました。

目立つスライダーに画像を記事投稿で
自動でセットしてくれるので便利なんです。

日本語で解説してるサイトが多いのも助かりますよ。


それと、こちらの無料テンプレートは、
まだ活用できていないですが要チェックです。

⇒ 『Simplicity』

これで無料なのかと思えるほどの
優れたテンプレートなんですが、
使いこなすには時間がかかりそう(^_^;


ちなみに、メゾカラムの設定には、
ちょっとクセがあるようで、
まだ全部を把握できていません。



■あると助かるプラグイン

「メゾカラム」で使用しているプラグインを列記します。

■ All In One SEO Pack
   SEOプラグインの定番です

■ Auto Post Thumbnail
   アイキャッチ画像を自動設定してくれる

■ Google XML Sitemaps
   Googleに見て貰うサイトマップを作ります

■ Head Cleaner
  サイト表示速度を向上させます。
  他のプラグインとの干渉があるので、
  設定には十分な注意が必要です。

■ Jetpack by WordPress.com
  プラグインのオールインパック。
  SNS連携機能など、必須のプラグインですね。

■ Newpost Catch
  アイキャッチ付きの新着記事表示ができます。
  カスタマイズしやすいで使うことが多いです。

■ PS Auto Sitemap
  サイトマップ作成プラグイン。これも定番です。

■ PS Disable Auto Formatting
  WPが勝手に改行コードを書き換えるのを防いでくれます。

■ PubSubHubbub
  WPをインストールしたらこれを入れましょう。
  あっという間にインデックスされますよ♪

■ WordPress Ping Optimizer
  Ping送信プラグインで、記事の再編集などで
  短時間に何度も更新してしまった時に、
  こいつがPing誤送信を防いでくれます。

■ WordPress Popular Posts
  人気記事を表示してくれるプラグイン。

■ WP Multibyte Patch
  標準で付属するプラグインで必須です。


上記のプラグインは、ポピュラーなモノが多いです。

例えば、当サイトでは上記の他に、

■ jQuery Colorbox
  本文中の画像をクリックすると拡大表示するプラグイン

■ RSS Antenna
  RSSフィードを表示するプラグイン


各プラグインの設定方法は、ネット上に情報があります。
「Head Cleaner」以外は、問題は起きないはずです。

それと、SNS連携はバージョンアップで
「Jetpack」が、イチバン成功率が高いです。



それではまた♪



コメントを残す

サブコンテンツ

オススメ 教材&ツール

アーカイブ

このページの先頭へ