Youtubeを活用しアクセスを集める(5)

Youtube


アダルトアフィリに生かす動画作成方法

クロスメディア戦略 第7回:Youtube編
こんにちは

プロアフィリエイターのクエスト大王です。


まずは前回の動画作成のポイント

 【妄想するキッカケを与える】

 【無料動画で満足させない】

これは核となる考え方になります。

そして、検索性を高める工夫や
再生回数を伸ばすテクニック、
キャッシュポイントへの誘導方法

これらが1つとなっていきます。


   ▼前回の記事▼

⇒ 『Youtubeを活用しアクセスを集める(4)』

※このシリーズは、成人向けアフィリエイトのノウハウです


ワンポイント動画にする

前回、参考に載せた動画などのように、
『エロ小説』動画にした場合に限らず、


【1動画1メッセージ】

これが基本の考え方になります。


1本の動画の中で、 いろんなシチュエーションや
キャラクターを登場させたりはしません。

例えば、ドラマや映画などなら
場面転換が入るところで、
次の動画に分けるイメージです。



冒頭で書いたように
『妄想するキッカケを与える』動画ですので、
次々と妄想ポイントが出現すると、

「せっかく膨らんだイメージが・・・」

良かれと思って、
いろんなポイントを与えることで
かえって逆効果になることが多いんです。



最初の妄想イメージを強化する方向で、
軸をぶらさないようにするのがベストです。


【最初の妄想イメージを強化する】


動画を見始めて最初に感じたファーストイメージって、
とても重要なんです。このイメージが基本になります。



応用編としては、これをひっくり返す事で
印象を強めたりするテクニックもあります。

これについては、次回以降で説明しますね。


何を伝えたいのか明確にする

上記のことと被りますが、
伝えたいことがぼやけていると
『軸』を作ることが出来ません。


例えば前回のこの動画↓↓↓



この場合だと、メインとなるのが
『美大生 ヌードモデル』となります。


『美大生』を『OL』にすれば、
内容はほぼ同じでも別の動画になります。

また、見せたいポイントが『露出』、『調教』、
『辱め』で表現方法も変わってきますよね?



整理すると、

『美大生』が『ヌードデッサンモデル』で
『辱め』を受ける妄想を膨らませる動画。


これが『伝えたい内容』であり、
『抱いて欲しい妄想』になるんです。



こうすることで、検索性を高める事ができ、
関連動画にした時も、注意を引きやすくなり、
キャッシュポイントへの誘導後の成約率も
高くするコトが出来るんです。



でね、この1本の動画だけの再生回数を
ドカンと増やすのではなく、こうした、
短編をいくつもアップして全体的な
再生回数を伸ばす方向で考えます。


短編がいくつもあった方が、
再生回数を伸ばしやすいですからね。


さらに短編とすることで、
いろんなパターンを作ることが出来ます。

つまり、視聴者にドストライクな動画が
その中に含まれる可能性が高くなります。



1つの動画に、あれもこれもと突っ込むと、
ポイントがぼやけてしまうんですよ。

そうすると、次の動画も見たいと思わないし、
何より、有料動画で見たいなんて思わない。


これでは、動画を作ってアップする意味が
なくなってしまいますよね?

【与えたい妄想イメージを明確にする】


今回は、ここまで。

次回から、テクニック編に突入です。



オススメYoutubeノウハウ&ツール
Youtubeで稼ぐノウハウと、
それを実現させるための動画作成ツールが
セットになったGOODな教材&ツール。




この手法は、アダルトにも応用可能です。


それでは、次回をお楽しみに♪



コメントを残す

サブコンテンツ

オススメ 教材&ツール

アーカイブ

このページの先頭へ