Youtubeを活用しアクセスを集める(4)妄想させる

Youtube


クロスメディア戦略 第6回:Youtube編
前回から、動画作成のポイントに入りました。

   【成約に結びつく動画作成の7つのポイント】
   

感動を共有するための動画

動画視聴者が価値を決める

ワンポイント動画にする

見る人への心遣い

何を伝えたいのか明確にする

見たくなるキャプチャ画像

動画タイトル・説明文・タグ


これらのポイントをザッと解説してきました。

   ■前回の記事■

⇒ Youtubeを活用しアクセスを集める(3)


今回は、もっと掘り下げて説明していきます。

・・・と、その前にですね、
最近の傾向についてちょっと話をしますね。



FC2動画の事件はご存知ですよね??

無料の動画、それもアダルト系の無修正動画などは
アップするのはもちろんアウトになりますが、
見る方も、トラブルに巻き込まれる可能性が
とても高くなってきてるんですよ。


詐欺サイトや、ウイルス を仕込むサイトなど
『見る側』のリスクが高まっています。



逆に、huluなどの有料動画サイト利用者が増え、
ニコ動も、ほぼ有料会員の状態ですよね?


安全で無料で利用できるのは、
Youtubeだけと言っても良いくらいの状況です。


つまり、無料レベルで利用したいのか、
有料の動画を見たいのか、ハッキリと
利用目的が分かれてきたわけですよ。


ここ↑↑↑、とても重要ですよ!


Youtubeは、暇つぶし的な利用目的と、
情報コンテンツとしての利用目的なんです。

後者の場合は、情報検索したときの
コンテンツの一形態となるワケですね。



映画やテレビドラマなどは有料会員で、
見たいモノだけを見るという流れです。

アダルト動画でも同じような事が言えます。

動画の単品購入から、有料会員登録に。



この辺りを踏まえて、
Youtube向けの動画作成を考えていきますよ!


感動を共有するための動画

ここでいう『感動』には、
いろんなモノが含まれています。

例えば、「大爆笑」、「カワイイ」、「癒やされる」
「泣ける話」、「凄技」、「トリック映像」等々。


要するに、心を動かされるモノ全てです。


感動した事って、誰でも誰かと
共有したくなるモノですよね?

だから、再生回数が伸びやすいんです。



アダルト系だと、
セクシーなモノ・水着・パンチラなどの
挿画やスライドショーは『情報』で、
『感動』にはまずなりません。


また、アダルト系では共有が起こりにくいです。


アダルト属性のケース

アダルトで『感動』となって行動を起こしやすいのが
『エロ小説』等のストーリー系がGOODですね。


特に女性はこういうのが好きです。


イメージ画像と、テキストスクロールだけの
作り自体はとてもカンタンな動画になります。




こちらは↑↑↑、イメージ画像すら無いですが、
かえって妄想イメージが自由に膨らみます。

再生回数は多くはありませんので
ターゲッティングを間違っているんですね。

タグの付け方なども悪いので、
検索しても探し出すのが難しかったです。



行動を起こさせる動画

でね、内容についてなんですが、
妄想イメージを膨らませる事が出来ればOKです。

なので、ストーリーが悪いとか、
朗読がヘタだとかは全然関係ありません。


満足度が低いからこそ、
有料の動画を見たいって思うんですから。


【妄想するキッカケを与える】

【無料動画で満足させない】


この2つが重要なポイントになります。


こうやって考えると動画に要求される
難易度がかなり低い事がわかります。

あとは、検索性を高める事や、
誘導の仕方を工夫する事などで、
再生回数を増やし成果に結びつけます。



動画視聴者が価値を決める

上述したように、十分なレベルとか、
視聴者を満足させる動画は求められていません。

求められているのは『エッチな妄想』です。


そして、その妄想の中に千差万別の
性的嗜好のポイントがあるんですね。

それはシチュエーションであったり、
職業や身体の部位、プレイ内容など
はまってしまうツボがあるんです。


そのツボになる部分が、キーワードになり
タグや説明文に入れたい部分になります。



つまり、
『好みの妄想をするキッカケとなる動画』

これが視聴者にとって『価値がある』んです。

そして、このポイントこそが
両者の利害が一致するポイントなのです。



女子アナのパンチラ等の画像や動画でも、
人によっては妄想を膨らませる事が出来ますが、
多くの人は、同様の無料動画を探して満足します。

こうした動画は再生回数は多くなりますが、
動画を購入するという行動は起こしにくいのです。


つまり単なる『話題』の域を出ないんですね。

ただ再生回数は伸ばしやすいので、
誘導の仕方によっては成果に繋げる事は出来ます。



オススメYoutubeノウハウ&ツール
今回お伝えした中で、再生回数を増やす方法や
キャッシュポイントへ誘導する事、動画作成の
ポイントなどをここまで説明してきました。


こうしたYoutubeで稼ぐノウハウと、
それを実現させるための動画作成ツールが
セットになった教材&ツールがあるんです!!




このツールがなくても、同様の事はできますが、
ツール化する事で、初心者が迷い難くなってますね。



それでは、次回に続きます♪



コメントを残す

サブコンテンツ

オススメ 教材&ツール

アーカイブ

このページの先頭へ