リベンジポルノは違法だが、企画モノならOK?

リベンジポルノ

こんにちは、クエスト大王です。

今回のお題は、正直、書きたくないというか
考えただけでムカムカする気分の悪い話です。


「リベンジポルノをアフィリしたいんですが・・・」

ただこういう質問があったので、
私の考え方などをお伝えしますね。

まずね、
リベンジポルノは犯罪です。
人として最低な行いですよ。


「そんなヤツは集団リンチにかけろ!」

と叫んでしまいたくなりますよね。


またそれを興味本位で探すのも、
あまり感心はしないのですが・・・


そうはいっても他人がどんなエッチをしてるとか、

本物の“素人”、どこにでもいるような
そんな女性の裸に興味を持つことは、
男なら自然なことではありますよ。


なので『リベンジポルノ』を検索する人に
企画して撮影された有料動画を紹介しましょう。

これなら紹介してもまったく問題ありませんし、
検索者のニーズに十分応えてくれるでしょう。


リベンジポルノとは

離婚した元配偶者や別れた元交際相手が、相手から拒否されたことの仕返しに、相手の裸の写真や動画など、相手が公開するつもりのない私的な性的画像を無断でネットの掲示板などに公開する行為

引用元:リベンジポルノとは|Wikipedia

仕返し、嫌がらせなどが目的の場合を指しますが、
本人の承諾無しに、そのような画像・動画を
インターネットにアップするのも犯罪です。


顔写真でも訴訟問題になる事があるし、
店の看板などの画像も訴えられるとアウトです。


個人が家族などで 楽しむために撮影した動画などは、
許されていた部分なので、このような普通では
考えられない状況の法整備が必要になったんですね。


まぁ、恋人同士や夫婦で幸せな時を
動画や写真を撮りたい気持ちはわかります。

流出させないようにするのが一番大事ですよね



リベンジポルノを見たい人

twitterなどで、このようなリベンジポルノ画像や
そのリンクなどを拡散する人の心情が理解できません。


そのような画像を公開している人を、
皆で攻撃するなら納得できるんだけどさ。

まぁ、一部の心ない人のことなんだろうけどね。


でね、そういう人を煽っているのが
『リベンジポルノを見たい人』がいるってコト。


人の裸に興味を持つのは否定しないんだけど、
それならそれで他のことで欲求を満たせるでしょ。

冒頭で書いた通り、こういう人には、
代替手段があることを教えて上げましょう。



リベンジポルノに代わるモノ

リベンジポルノを連想させるシチュエーションや、
盗撮・隠し撮り系の大手動画販売サイトの有料動画。


FC2動画や海外の動画販売サイトはNGですよ!!

国内でメジャーなDMMドットコムなどの
安心して購入できるサイトで扱う動画に限ります。

法的な問題をクリアした動画が販売されているので、
犯罪に巻き込まれることがありませんからね。



その他、素人系もこのニーズに応えてくれますね。

それとか、DMMアダルト動画なら
「主観」で検索すると、男優が映らない、
まるで自分としている雰囲気の動画を見つけられます。


妄想恋人系になるけど属性に近いんじゃないかな??


女子高生でも盗撮でもないですが、
こういうのが結構人気あったりします。



サンプルサイトを作成してみた

そこで、サクッとこんなサイトを作ってみました。

⇒ 『リベンジポルノ・個人撮影風のエロ動画』



サイト内で動画再生できるようになっています。
1ページに26商品、10ページ構成になります。

Android用サイト、iOS用サイトも、
モバイルフレンドリーで作りました。

さらに、バックリンクブログにも投稿してます。


⇒ 『バックリンクブログ』

⇒ バックリンクブログ(魚拓)

実はこれ、この記事を書きながら、
わずか10分ほどで作成したサイトなんですよ。


サイトの作成、サイトを自動更新して
バックリンクブログに自動投稿します。



さらに驚くことに、
このバックリンクブログの記事を
検索順位チェックサービスで調べると




まだ少ない記事ですが、
そこそこの順位に来てるんですよねー


バックリンクブログで、しかも自動投稿の記事ですよ!


こんな風にして、盗撮系や痴漢系などでも、
タイトル名さえ工夫すれば、あとはツールが
自動更新、自動投稿をしてくれますよ。

しかも全自動でツールがやってくれるので、
サイト作成後の手間がかからないんです。


そのツールがこれです↓↓↓

ピンクΔ ピンクΔ



ネット上の情報を見て、

「DMMアフィリエイトは稼ぎにくいのでは?」

という質問が多く寄せられますが、
稼げない人の情報は信じないようにね。


DMMアフィリエイトで稼げない人は、
ダイレクト報酬では無く、カテゴリ報酬しかないんですね。


報酬料率で見ると、ダイレクト報酬の1/3ですが、
実際の報酬額となると1/10くらいにまで下がります。

なぜならダイレクト報酬狙いの場合は、
新作の高い動画でも購入してくれるからです。


カテゴリ報酬狙いだと、セール中の商品など
販売価格がかなり低いモノになります。

報酬額で10倍の開きがあるので、
「稼げない」と感じるのは当然でしょう。


でもこのツールで作ったサイトは、
サイト内で動画を選ばせて購入に進ませるので
ダイレクト報酬が発生しやすいサイト設計なんです。


アフィリエイトで稼げるか、稼げないかは、
こうした違いを理解し実践できるかどうかです。

この場合は、ツールがやってくれますから
がんがんサイトを作っていくだけなんですよ。



それではまた♪



コメントを残す

サブコンテンツ

オススメ 教材&ツール

アーカイブ

このページの先頭へ