Youtubeを活用しアクセスを集める(2)

Youtube

クロスメディア戦略 第4回:Youtube編
ここで、今回の『他人が作った動画を利用する方法』として
前回の説明の中で大事なポイントがいくつかありました。


動画に求められる5つのポイント
求められている動画、Youtubeに求められていることは

どんな人に向けて作るのか?

知りたいことは何なのか?

どうすれば伝わりやすいのか?

どうすればクチコミを集められるのか?


基本中の基本ですが、
これを無視しちゃダメですよね?

さらに、こちら↓↓↓

動画共有の6つのポイント

どんな動画を見たい・見たくなるのか?

どんなキーワードで検索されるのか?

どんなサイト名なら、訪問して貰えるのか?

どんな動画が、アフィリに結びつくのか?

どのようにリンクに誘導すれば効果的なのか?


それでは、本編の解説に入りまっす!!


他人が作ったYoutube動画を使って稼ぐ

Youtubeなどの動画を記事に使うことに、
今さら疑問を持つ方はいないですよね?

しかし実際には、あまり使われていないのも事実です。



Youtubeとブログ・サイトを絡めたノウハウが、
今では多く見られるようになりました。

しかしその多くは、自分で動画を作成します。
(そうするのが理想ですね)


自分で動画を作成してアップした方が良いことは、
この記事を読んでいるあなたも解っているはず。


「でも、そんな短時間で動画を作れないよ・・・」

短時間でも動画は作れるんですよ。
でも今回は、利用することに集中しますね。



動画コンテンツはSEO効果がある

以前は、YoutubeとGoogleは別の会社でした。

今は、YoutubeはGoogleのサービスの一つです。


そして、Googleでは動画コンテンツを載せたサイトを
検索結果で優遇する旨のコメントをしています。

実際に、動画を載せていると
上位表示させやすくなります。

なので、自分の作成した動画でなくても、
動画を記事コンテンツに含めるのは効果的です。



それともう一点。

上位に表示されるサイトの多くは、
文字数にして2000文字以上あります。が、

Youtubeを記事に含めると、文字数が少なくても
意外と上位表示されやすいのも解ってきました。



Youtubeをコンテンツとして使うには

自分で動画を作成してアップする際は、
そのものズバリの動画タイトル、キーワードになりますよね?


でも、利用する側の場合は、
そのものズバリだと、アクセスを盗られちゃいます。。



例えば、ダイエット系の商品をアフィリエイトしたくて
その商品を紹介している動画をコンテンツにしたら?

そう、
その動画作成者のところにアクセスが集まり、
そこから、商品へと進んでしまい、
自分の報酬には結びつかないです。


実にモッタイナイですよねぇ。。


ということは・・・

そのものズバリのキーワードで動画を探しても、
利用できない動画コンテンツになる場合が多い。


いちいち動画の内容などを確認していけば
使える動画とそうでない動画を区別できますが、
時間をかけてでも探したい場合と、サクッと
動画を選択したい場合とがあります。


前者はサイトアフィリなど
後者は主にブログアフィリの場合ですよね?


視点をずらす、キーワードをずらす

いずれにしても、
そのままのキーワードじゃダメなので
切り口とか見る角度を変えるんです。


例えば、ダイエットだからといって、
「痩せる○○○」とか商品名は
アウトなのはわかりましたよね?


では、どこを攻めればイイのか??

『ダイエットしたい人は、どんな動画を見るのでしょうか?』

例えば、ダイエットしたい人に共通しているのが

 ・ダイエットの経験がある

 ・運動が嫌いな女性

 ・テレビや読書が好き

 ・家にいることが多い

 ・室内ゲームが好き

 ・食べるのが好き

他にもあると思いますが、
ペットで言えば犬派より猫派だとかね。

性格で言えば、おっとりしているとか。

太っている人よりも普通の体型か、
やや痩せている人がダイエット願望が強い。


誰かを思い出しながら考えてみると、
共通点を見つけやすいので試してみてね。



答えは一つではない

こうして導き出される結論って
決して1つではないんですよ。


例えば、運動が嫌いな女性でも、
ダイエット願望はあるので、


「テレビを見ながらできる3分エクササイズ」

このようなブログを作るとしますね。

こうしたエクササイズの動画は多く、
そのほとんどが会員募集のための動画です。

でもこちらのターゲットは、
『運動が嫌いな女性』なので、
そちらの会員募集には興味がありません。


「テレビを見ながら」くらいなら、
健康のために運動できたらイイなって思ってます。

でもそれで真剣に「痩せよう」とまでは
考えることは出来ないんですね。


なので、置き換えダイエットや、
ダイエット系サプリの紹介をするんです。



でね、アダルト系だからとエロ動画っぽいのだけが、
注目される動画とは限らないんですよ。


世の中には、いろんなフェチの方がいますからね。

『女性の裸』が映っている動画である必要は無いんです。

頭を柔軟にして考えると、
その範囲が広いことに気がつきます。


例えば、食べる時の仕草にムラムラくる人もいれば、
白くて細い指や、日焼けの下着跡、パンチラ系、
うなじや、耳、瞳などのパーツなどなど


このように特化すると、成約率がとても高くなります。



ちょっと、回りくどいようですが
ストレートにアフィリに繋げるなら、
自分で動画を作ってアップするしかないです。


ということで、次回からは動画作成について
カンタンに説明していこうと思います♪




コメントを残す

サブコンテンツ

オススメ 教材&ツール

アーカイブ

このページの先頭へ